福井・北陸初のコーティングGlare プロのカーケア専門店

ショップ情報

GLARE

【磨かずに傷を消す方法】

更新日:

こんにちは。

突然ですが、皆さんの自動車に傷はまったく無いですか?
「無い!」という方は素晴らしいですね!

「小さい傷がある・・・」
「傷がいくつかあって恥ずかしい・・・」

という方もいらっしゃるでしょうか?
傷は消せるものなら消したいですよね。

ところで皆さんは傷を消す方法について、このような事をご存知ですか?

磨く傷消し=傷を見えにくくしているだけ?

軽自動車も超高級外車でも共通して言えることがあります。
それは車を所有している以上、必ず傷はついてしまうということです。

傷の大小はありますが、通常ですと傷を消す場合コンパウンドで磨く作業が必要になります。

それで綺麗になったボディを見ると満足感が得られるかもしれません。
しかし、コンパウンドでの傷消しは細かい傷をつけて目立つ傷を見えにくくしているということをご存知ですか?
別の言い方をすると、ボディの塗装を薄く削って傷を見えにくくしているということを了承のうえで磨きをかけていますか?

多くの人はお店からそこまでの説明を受けていない状態で、磨きの依頼をしているのかもしれません。

車の塗装は見栄えを良くする目的もありますが、塗装本来の役目は鉄板のボディを錆から守ることなので、車を整備する側の意見としては、塗装は削らないことが大原則です。

GLARE(グレア)は磨かずに傷を消す

当店が代理店をしているGLAREについてですが、
過去の投稿を見ていただいてもわかるように洗車傷・小傷はコーティングの施工で消えてしまいます。

まずは、過去の施工例でビフォーアフターをわかりやすく画像で紹介いたします。

傷消しビフォーアフター

傷がしっかり消えていることが、お分かり頂けましたでしょうか?

GLAREは傷を埋めるイメージ

GLAREの特徴として、
・塗装表面に膜を形成するのではなく溶剤が塗装と化学結合し深みのある艶を出す
・細かい傷には、荒れた塗装表面を滑らかに均す
・深い傷には、塗装の凹みに溶剤が入り込んで平滑にする
があります。

要するに、傷を埋めるようなイメージです。
独自の溶剤がボディになじんで一体化し、なんとさらに塗膜の強化までします。
コンパウンドでの磨きと一見似ているようですが、実は正反対なんですね。
GLAREではコンパウンドは一切使用していません。

マイナス要素は特にない

手前味噌ですが、GLAREの弱点は?というと特に無いです。
強いて挙げるなら、撥水性ではないので「水滴がコロコロ転がるのが好き」という方には物足りないかも・・・くらいです。

私は整備士という職業柄、塗装の本来の目的にマイナスになる事は避けたいので
GLAREをオススメしていますが、どちらを選ぶかはもちろん皆さん次第です。

お客様からの高い評価と、施工の恩恵

仕上がりは当然ですがその後の塗装の状態についても、施工してくださったお客様からは高い評価をいただいております。

いつも綺麗な車に乗ることで、営業職や経営者の方は顧客に今まで以上に几帳面な印象をもってもらい信頼や成績に繋がるかもしれません。
施工による恩恵は査定・下取りの際にも受けることになります。

直接見る艶、手触り、施工前との比較は写真では伝えきれません。
私自身、実際に見るまで半信半疑でした。
そんな私が選んだコーティングがGLAREです。
10年以上車に携わってきた整備士が選んだコーティング、
ぜひ実際に確かめてみて欲しいです。

無料テスト施工、実施中!見学OK!
↓お気軽にお尋ねください↓

-GLARE
-, , , , ,

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。